<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
感謝を込めて
こんにちは、Meeting Treesです。

去年から皆さまにお知らせして、ようやく英国 芳香蒸留水&チンキ製剤特別セミナーを無事に行うことが出来ました。お越しいただきました皆さま、そしてお手伝いいただきました皆さま、本当にありがとうございました!
講師のジョーもみなさまの熱心さにとても感動しておりました。

様々な種類のアロマティックウォーター、チンキ製剤、シロップ、クリームなど、使い方も多様で私自身もとても勉強になりました。
そして今回のセミナーを通しての素晴らしい出会いにとても感謝しております。

e0267198_0395491.jpg

[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-10-23 23:55 | コース・講座/Courses
イギリスでハーブ療法を学ぶ7/ Learning Herbal Medicine 7
こんにちは、Meeting Treesです。

前回から何とか早めにと言いつつもすっかり時間が経ってしまいました・・・
さて、今回は「イギリスでハーブ療法を学ぶ7」です。私が卒論で選んだテーマでもある四体液質論についての続きです。

古代ギリシャではエンペドクレスによって土、空気、火、水から世界はできていると考えられてきました。この考えに影響を受けた「医学の父」であったヒポクラテスは人間の体液は血液、粘液、黄色胆汁、黒色胆汁に分けこれらをエンペドクレスによって考えられた四元素に関連付け、この体液のバランスと病気を結びつけました。 ヒポクラテスは四季とこの四体液質を結びつけ、また人間だけではなく植物にもこのような性質があるとし、冷、温、乾、湿の四気質に分類し、その時に足りないものまたは過剰に取りすぎているものなどをハーブや食べ物によってバランスが取れると考えました。

西洋医学が入って来たり、科学的基礎に基づいたアプローチ方法で行われる傾向があることから徐々にこの体液質論を使うメディカルハーバリストが減ってきているのも事実ですが、本来ハーブ療法はホリスティック療法の一つでもあるのでその人全体をみるため、完全にこの4体液質論から離れてしまったわけではないのでしょうか。

卒論を進めるにあたり研究文献が少なくはあったのですが、これらや担当の先生や先輩のアドヴァイスを頼りにし大学の図書館はもちろんの事、国立図書館、医学の歴史に強い図書館に通い詰め資料を集めて文献調査に励みました。
当然このような文献からも学ぶことは多かったのですが、何にもまして勉強になったのが、やはりインタビューでした。一生かかっても学びきれるか分からないであろうこの体液質は私が最も学びたかった分野で今でも独学で学んでいます。生の現役ハーバリストの声を側で聞くことができ、彼らがどのように患者を体液質論を基本にしてアプローチしているのか、どのようにハーブを選ぶのか、本当に様々な方面から話してくれたインタビューテープは今でも私の宝物です。

e0267198_15243581.jpg


Hi there, it is Meeting Trees!
It’s been a long time to update this article since the day when I updated the previous series of 'Learning of Herbal Medicine 6’. Here is the latest one!

Empedocles who is a pre-Socratic Greek philosopher and is known as an founder of the cosmogenic theory of the four elements. Hippocrates who was one of the influential key people for the humoral theory and he noticed that when blood was removed from the body it consisted of black bile, yellow bile and phlegm. Imbalance or abnormal blending of these four humours and phlegm leads to dyscrasia that brings on illness. Hippocrates thought the four qualities (hot, cold, moist, dry) were associated with the humours and these qualities corresponded to the four elements too (Earth, Air, Fire, Water) . But he also claimed that a relationship existed between these humours and personality .
Imbalance of these humours leads to disease and thus Hippocrates focused on the
relationship between diseases / illness and these humours, qualities and elements. Hippocrates also found that herbs (plants) also have their qualities and therfore if there are any imblances of humour, plants can be able to balance out.

The humoral theory is not widely used among herbalists in the modern day as to why the western constitutional medicine was dominated by orthodox medicine and many herbalists started to concentrate on learning more about orthodx sciecne. However, herbal medicine is a holistic medicine and many herbalists may have had the knowledge of the theory.

I had advice from my tutors and seniors but this topic does not incite much interest amongst researchers, most of the reference matter had to be obtained from printed books rather than from research papers.
Most of printed books were gathered from the library of the university, the British museum, the Welcome library etc.

I learned a lot about this humoral theory from these literature researches but most useful information was given by interviewing to experienced herbal practitioners. I always appreciate that they kindly shared their knowledge with me.
I'm always fascinated with learning this area even which is hard to complete to learn and therefore these interview tape are very treasure to me.
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-10-02 15:26 | メディカルハーバリストへの道
"Wildflower" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |