<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
フラワーレメディコラボレーションワークショップ/Flower Remedy Collaboration Workshop
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。

こちらでもお伝えしていましたHerbal MOMOさんとのフラワーレメディコラボレーションワークショップが今週の月曜日に無事に終了いたしました!
会場となった三橋の森カルチャースクールは本当にステキな場所で敷地内も写真のように緑も多くまた内装も一つ一つがステキで一瞬にして大好きになった空間でした。飲み物も豊富でハーブティーやMOMOさん考案のステキな冷たいハーバルドリンクも美味しかったです。また同じ敷地内ではウェディングも行えるそうですよ、と色々とオススメの空間です(^-^)

さて、今回の講座「フラワーレメディとは?」とタイトルにあったように今回の講座ではフラワーレメディの入門編として概論、植物の持つエネルギーやエッセンスの取り方をお伝えしました。
ハーブとも違う、でも植物からなる自然療法。一体何のかよく分からないといった感想を持たれた方も多かったと思いますが、実際にレメディを取っていただくと中にはそれを払拭された方もいてとても印象深かったです。
またMOMOさんが今年の春にサクラのエッセンスを作りそれを持ってきて下さったので生徒さん全員でエッセンスがどのように働くかも観察してみました。
お一人お一人感想が異なり、お一人お一人の感想がとても興味深い内容でまた全てのご感想がエッセンスの働きに関連していてとても興味深かったです。

フラワーレメディはまだまだ知られていない自然療法の一つですが、今回の講座を通して少しでもその良さが伝わり将来的に選択肢の一つに加えてもらえるといいなと思っています。

次回は7月18日(水)です。今度はMOMOさんの畑でお好きな植物を選びエッセンスを作る予定です。詳細なども近々こちらでもアップしますのでお待ち下さいませ。

e0267198_23581177.jpge0267198_23575710.jpge0267198_901175.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Treatment Info
Flower remedy counseling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)

Flower remedy counseling, Reflexology, Complementary therapy Course are on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Hi it is Meeting Trees!
I had a collaboration workshop this Monday with MOMO san (Herbal MOMO) who is also a herbalist! It was a great pleasure to meet many people who are interested in Flower Remedy.
A venue is a beautiful place which is surrounded by the nature and you can enjoy herbal tea (hot&cold) and lovely lunch too!

I mainly taught about what is flower remedy which included about energy of plants and how to take flower remedy etc.

Flower remedy is different to herbal medicine and it may difficult to understand to learn plant energy. However, once they took flower remedy then some of them realised it seems like something there.

MOMO san brought over a remedy which she made with a Japanese cherry blossom which was very interesting essence. We tried and discussed about it.

I hope everyone enjoyed the workshop and understand a little bit about flower remedy:)
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-29 00:24 | コース・講座/Courses
イギリスでハーブ療法を学ぶ 5/ Leaning Herbal Medicine in England 5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。
おまたせしました(笑)、今日は「イギリスでハーブ医療を学ぶ」の続きになります。

辛く、厳しかった二年目を終了し、いよいよ三年目に突入です。
余談ですが、大学に入る前はイギリスの大学の夏休みは長いからこの時期を利用してホリデーを思いっきり満喫しよう!と思っていましたが、休み中も大学付属の自然療法クリニックでの研修や課題が課せられていたり、また仮に試験を落としていれば夏休み中に再試験が行われたりとやること満載でその思いは早々に崩れ去り(笑)実際の休みは1ヶ月半程度。思いっきり羽を伸ばすことは出来ず結局ちょろっとどこかに行って新学年を迎えたように記憶しています。

さて、そのような休みを終え、ようやく最終学年です。最終学年とあってこの年は本当にやる事が多くて大変でしたが、どういうわけか二年目のトラウマがあったのか私にとっては三年目の方が比較的楽でした(とは言っても泣きながら課題をこなすのは変わりませんでしたが(苦笑))。
三年目は卒論、クリニックでの最終試験の他、普段行われる試験や論文の提出にクリニック研修と本当に盛り沢山!それも約半年間に詰め込まれます。一、二年の時もそうでしたが、私が通っていた時は一学年一年間とは言うものの授業自体は実質6ヶ月間で終了します(注*:今はもう少し短いかもしれません)。よって全てをその半年の間で学ばなければならないので本当に相当量の勉強が必須になってくるため日々課題提出、試験に追われていました。
3年目の授業はハーブ療法のマテリア・メディカと治療学、ハーブ療法の診察の技術や知識*、病理学(体系システム別)、卒業後開業するにあたってのビジネス知識、などを学びます。

その中でも一番力を入れて勉強したのが、ハーブ療法のマテリア・メディカと治療学。マテリア・メディカとは本草という意味でもあり、ハーブ療法で使う各ハーブの成分、性質、効能、現在、伝統的な使われ方、禁忌、製剤、薬との相互作用、用量(適量)などを中心に学んでいきます。それと同時に治療学では実際にクリニックで診た患者さんをケースに取りながら、なぜこのような症状が現れたのか、それに対応できるハーブは何か、またなぜそのハーブが選ばれたのかなどをディスカッションなども含めて学んでいきます。症状だけに焦点を当てるのではなくその人全体を見てどのハーブが適切なのか、またハーブだけではなく食生活、日常生活で改善できるところがあれば一緒に行なっていきます。実際にそこに患者さんがあっての勉強であったので悩み迷いながらケースを進めていった覚えがあります。

3年間はあっという間に過ぎましたが本当に学ぶことが多かったため、ちゃんと学べてたのか、また学び足りない不安感が常につきまとい、「このような状態で卒業してしまって大丈夫なんだろうか」など様々な思いで卒業した事を今も昨日のことのように思い出します。大学で勉強する時間は限られていましたが、本当に日々学ぶことが多いと実感しています。大学の時までとは言えませんが(苦笑)ブラッシュアップさせていくことが必須である分野だと日々実感しています。

続く

*イギリスでは日本と法律が異なり医師免許、薬剤師免許がなくとも英国メディカルハーブ協会で認められた学校を卒業し、資格があればメディカルハーバリストのとして仕事に就くことが出来ます。

注* 私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。
e0267198_13135547.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Treatment Info
Flower remedy counseling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)

Flower remedy counseling, Reflexology, Complementary therapy Course are on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Hi it is Meeting Trees!

Here we are, it is the continued story about ‘Leaning Herbal Medicine in England 5’!

What tough years but finally went to the final year!
By the way, I thought all uni students have a long long summer holiday so was really looking forward to it but once the degree course started, it was totally wrong and I had a short holiday, like a month only! As we still had loads of assignments, clinical training, and resit if you don’t pass in the first place so I just went to a short trips in or out of England.

Finishing with the final summer holiday and starting the final year.
We had lots of things to go through during this year but I felt slightly better than having the second year well, having said that, I was very struggled with all assignments etc though!
It is the final year so of course we also had to do a dissertation, clinical final exam, and of course many essays, exams were included. And each year has about 6 months - even it says “year” but it is not exactly the word tells us so, studying at the uni was 6 months only. So which means we had to learnt everything with in a half year that is why there were so many assignments (like handing in essays and having tests or exams almost every week!).

At the final year, herbal medicine materia medica, herbal medicine therapeutics, system pathology, starting own business etc were learned.

Herbal medicine materia medica is learning herbs which included constituents and actions, histories, traditional and modern usages, contraindications and safeties, dosages, drug interactions etc. And how to choose a suitable herbs, why these herbs are choosen, reasons of symptoms etc were learned by taking patients at the polyclinic and any other cases. Herbal medicine is a holistic medicine so herbalists not only treat the symptoms but also treat the whole individual.
They are fascinating subjects but there were true patients there so I was very nervous and always worried about taking any cases.

This degree course finished as quick as a wink but there were a lot of things to learn so I was very anxious to graduate as I haven’t leant enough. I still feel it was a quite short term to learn everything about herbal medicine at university but this subject is required to continue studying so I still learn day by day.

* you can practice herbal medicine in UK, if you are qualified medical herbalist on the other hand, we cannot in Japan due to a different Medicines act between UK and Japan.

※ I left the university for few years and the situations have changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s information. If you want to know about the details please check to relevant organisations.

TBC
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-15 13:16 | メディカルハーバリストへの道
イギリスでハーブ療法を学ぶ 4/ Leaning Herbal Medicine in England 4
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。ここ最近本当に天気が不安定ですね。お出かけの際はくれぐれもお気をつけ下さいませ。

さて、前回のブログから少し間が空いてしまいましたが、今日は勝手にシリーズ化している(笑)「イギリスでハーブ療法を学ぶ」の続編です。

1年次は課題も試験もさほど詰まって行われていなかった事もあり(とは言えかなり苦しんでいましたが!)1年目は今思うと比較的自分自身にも余裕が生まれ始め、ロンドンでの生活にも「楽しむ」事を覚えてきたように思えましたが、学年が変わった途端に状況が一変しました(涙)。

2年目は病態生理学、薬理学、病理学などといった学科やまた一年時にも学んだ自己啓発のような授業も引き続き行われました。
本当に今思ってもこの学年が一番厳しく論文提出や試験が毎週のように行われ、泣きながら勉強したのを覚えてます・・・本当にしんどかった(笑)

さて、ハーブ療法を学ぶにあたって体の仕組みを知ることは必須です。
二年目から本格的にクリニック研修が始まり、実際に患者さんをとり始めます。ハーブ療法の診察*では現在の症状を詳しく聞き、その後は過去の病歴、薬の服用の有無、食生活、日常生活をどのように送っているのか、そして直接現在の症状と関わりのないように思える症状とは関連のない他の体の組織についても一つ一つ質問していくようにじっくりと時間を掛けて進めていきます。その際に必要であれば触診も一緒に行われます。

このような事からハーブだけに詳しくても体の仕組みが分からないと適したハーブを処方*することが出来ない事から3年間様々な学科を学ぶのはその理由です。
そしてハーブ療法はホリスティック療法とも呼ばれる所以は体に現れている症状を緩和させるだけではなくその人全体をみます。
なぜその症状が出たのかと理由や原因は何かと探り、症状だけを抑えるだけではなく、原因が分かればそれに適したハーブや必要とされるアドバイスも一緒に行います。よって渡されるハーブの中には症状に合ったハーブの他にも気になるエリアへのサポートハーブなども含まれるた様々な用途にあったハーブが含まれることが多いですね。


今回は少し短いですがまた次回に続きを書きますね。本日も読んで下さってありがとうございます(^_^)

*イギリスでは日本と法律が異なり医師免許、薬剤師免許がなくともメディカルハーバリストとして仕事に就くことが出来ます。

※私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。
続く
e0267198_953185.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Treatment Info
Flower remedy counseling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)

Flower remedy counseling, is on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Hi it is Meeting Trees!
It's been a very funny weather lately. Be extra care when you are out and have a lovely day!

It's been for a while since I updated this blog last time and the previous story about ‘Learning herbal medicine in England’....but here it is!

At the year 1, we didn't have so many assignments and exams etc so I could enjoy the courses and my private life in London - well, having said that I suffered a lot though!

Since the second year started, things have a lot to changed. All modules were very academic and got so much difficult and we constantly had assignments and exams almost every week.
We learnt about pathophysiology, pathology, pharmacology etc. plus the personal and professional development class too.
I would say it was the tough and worst (!) year to me and I always cried to study!

Anyway, learning these kind of subjects are essential to learn herbal medicine.
We started to take clients since the second year. During a herbal consultation*, it'll be asked present complaints, past medical history, medication (past and present), family history, life style, diet etc. Also each body systems will be asked carefully even though it seems not relevant to the present complaints directly. If necessary, a clinical examination will also be conducted.

This is why we need to study these kind of modules. If we don't understand what is going on the body, it is impossible to give appropriate herbal remedies.
Also herbal practitioners examine a patient from a thorough physical and psycho-emotional perspective, to be able to deliver a truly holistic treatment. Thus we not only treat the symptoms but also treat the whole individual.
Therefore, it'll be given not only herbs for the present complaints but also herbs for parts which might be possible courses of the symptoms.


A bit shorter story this time...hope the continued story will come up shortly! Thanks for reading!

* you can practice herbal medicine in UK, if you are qualified medical herbalist on the other hand, we cannot in Japan due to a different Medicines act between UK and Japan.

※ I left the university for few years and the situations have changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s information. If you want to know about the details please check to relevant organisations.

TBC
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-08 11:19 | メディカルハーバリストへの道
オススメのフラワーレメディ本/My Favourite Flower Remedy Books
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
こんにちは、Meeting Treesです。

すっかり「本」のカテゴリーを作っていたのにその存在を忘れていました(苦笑)
と言う事で、今日はオススメの本のご紹介です!(「イギリスでハーブ療法を学ぶ」の続編をお待ちの方(いらっしゃるかどうかは疑問ですが!)もうしばらくお待ち下さいませ)。

さて、何の本にしようかな〜と本棚を見ていたのですが、私の本棚は見事にハーブ、フラワーレメディ、他自然療法または関連本のみで他のジャンルの本が無いといってもいいくらいなのです。昔は全く本は読まなかったのに不思議なものです。

最近はじっくりとこれらの本を読むというよりどちらかというと講座のテキストを作る際に参照したりする事が多いのですが、その中で最近改めて読み直した本がジュリアン・バーナード著「エドワード・バッチ著作集(Collected Writings of Edward Bach)」とノラ・ウィークス著「心を癒す花の療法(The Medical Discovery of Edward Bach)」。

エドワード・バッチ博士(1886−1936)はこの世にフラワーレメディをこの世に送り出した医師でもあり細菌学者でもあった自然療法士の一人でもあります。
本当に何度読んでも新鮮で感銘を受けるばかり。彼の人生全てを注ぎ作られたと言っても過言ではないフラワーレメディ、彼でなければ作れなかったんだろうな。またそのレメディを使ってライフワークとしている私はその彼の存在にただただ感謝するばかりです。
今では植物を始めさまざまな物質を使い世界中でたくさんのエッセンスが作られています。彼がフラワーレメディを作らなければこのような様々なエッセンスも世に生まれなかったことでしょう。

上記の本以外に彼自身が書いた「汝自身を癒やせ(Heal Thyself)」やこれまたジュリアン・バーナード氏著「Bach Flower Remedies - Form & Function」の非常に奥が深くて読んでいてワクワクしますがオリジナルの本しか見つからずもしかしたら和訳本が出ていないかも知れません。
それでも和訳されたフラワーレメディに関する本はたくさん出ていますのでお好きな本を手にとってフラワーレメディを知っていただけたらいいなと思います。

今日はフラワーレメディの本についてのオススメでした(^-^)
e0267198_11166.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Treatment Info
Flower remedy counseling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)

Flower remedy counseling, is on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Hi it is Meeting Trees!

I totally forgot about a book section on this blog (even I made!) so I better to say something about this too!
(if you are waiting for the continued story about ‘Learning Herbal Medicine in England’ is coming up very soon! - well, not sure how many of you are waiting but I’m sorry! )

Well, I realised when I looked at my bookself and I've only got books about herbs, flower remedies, other relevant books! I hardly read books before so only I've got a few novels otherwise these books are taken up.

Few books I wanted to introduce you are about flower remedy today.
Even I read them once, but I'm always impressed by his work and moved what he's done.

Dr. Edward Bach (1886-1936) who was a physician, bacteriologist and developed flower remedies. He devoted himself into this amazing work and produce these vibrational essences that we still use today. How amazing is that!

We've got so many types of essences in the world today, such as flower, trees, orchid, crystals, etc. but they wouldn’t be existed if Dr. Bach didn't produce.

So I'll introduce some books about Dr. Bach as it may be interesting to read how he made these remedies that we still use as modern natural remedies.

・The Medical Discoveries of Edward Bach Physician by Nora Week
・Heal Thyself by Dr. Edward Bach
・Bach Flower Remedies - Form & Function by Julian Barnard
・Collected Writings of Edward Bach by Julian Barnard

Enjoy reading!
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-03 01:14 | 本/Books
イギリスでハーブ療法を学ぶ3/ Leaning Herbal Medicine in England 3
::::::::::::::::::::::::::::::::::
G.W中の営業日のお知らせ
Meeting TreesはGW中も4月29日(日)、5月3(木),4(金),6(日)
be-Wood自由が丘フラワーレメディカウンセリング英国式リフレクソロジーコンプリメンタリーセラピーコースをまた5月5日(土)北参道フラワーレメディカウンセリングを行なっています。
お休み中にココロもカラダもリセットされたい方、Meeting Treesオリジナルのハーブティーを用意してお待ちしております♪

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。
せっかくの連休、雨で始まってしまいましたね。外出される方足元には気を付けて、また今日は家でのんびりという方は日頃の疲れを取って下さいね。

さて、少し間が空いてしまいましたが、「イギリスでハーブ療法を学ぶ」の続きです。

何とか(!)無事に理系の付属準備コースを終えることが出来、ハーブ療法の学位コースへ進むことになりました。講義と臨床研修含めた3年間のコース。今と多少カリキュラムが違うとは思いますが、当時は1年目に解剖生理学、植物学、生化学、植物科学、植物療法学、栄養学、ハーブ療法以外の自然療法について、など幅広く学びます。
どの教科も興味深く学び甲斐のある教科ばかりでしたが、特に植物学の課外授業や植物療法学の授業が何よりも楽しくワクワクしながら授業を受けていたことを思い出します。

植物学の課外授業は大学近くの公園やロンドン市内にある植物園に行って植物の識別方法を学んだり、メディカルハーブとして使われるものに関しては使い方、効能なども一緒に学びました。ここで日本では見られない植物と出会ったり、また日本でも見たことはあったが名前を知らなかったものなど様々な植物との出会いがありました。
また植物療法学は内用、外用含めた各ハーブ製剤の作り方、体液質論、フラワーレメディなどと様々な事を学び、この時学んだ事は卒業してから必要に感じる事も多く暇さえあればその時のテキストを眺めています。またこの時は英語力もまだまだでしたので、復習も含め空いている時間を利用して授業を担当していた恩師にお願いし、3年次にもお手伝いを兼ねながら1年生と混じって参加させてもらったくらい思い入れのある授業の一つです。

これらの授業と共に大学付属の小さな自然療法クリニックでの研修も始まりました。ハーブ療法の診察の流れを見学するのが目的で、毎週先輩達が先生や私達1年生含め診療室に最低でも5,6人いる中、患者を診察するのを見学します。診察方法、患者とのコミュニケーションの取り方、ハーブの選び方、触診の仕方などをひたすら見学しました。まだまだ見学だから〜余裕で見学しているのも束の間、あっという間に自分が患者さんを診ることになるのです(苦笑)その事については次回お話ししますね。

また上記の授業の他に3年間通して自己啓発などの授業もあり自己を見つめる事を通し、どのように患者と向かい合っていくかなどを学びます。必ず発言しなければならなかったこの時間のディスカッションが何よりも苦痛でしたが、この授業を通し自分自身が随分と変わったような気がします。

さて、次回は2年次に授業についてとハーブ療法とはをもう少し詳しくお話していきたいと思います。予定ではなかったのですが何だか長いシリーズになってしまいましたね(苦笑)
本日も読んで下さってありがとうございました。

※私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。

                           続く
e0267198_14313587.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
During Golden Week
@ be-Wood Jiyugaoka: Sun 29 April, Thu 3 May, Fri 4 May,
Sun 6 May

@Kitasando (Fukutoshin Line) : Sat 5 May
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Treatment Info

Flower remedy counseling on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)
Flower remedy counselingis
on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

::::::::::::::::::::::::::::::::::
Hi there, it is Meeting Trees!
This is the second half of GW but unfortunately it is not a great
weather at all. If you go out, watch your step and if you are stay in,
chill out at home!

Here is a continued story of the previous one ‘Learning Herbal
Medicine in England’.

Well, finally I completed the science foundation course and started
with the herbal medicine course. This is a 3 years degree course and
anatomy, physiology, biochemistry, Phytochemistry, botany,
phytomedicine, dietary therapy, perspectives in
complementary medicine etc, were provided at the 1st year (*I think
the syllabus has changed since I had.)
All syllabus were interesting to learn but I particularly loved botany
and phytomedicine classes.
We often went to the nearest parks, some botanic gardens in London
to learn identifications of plants, if they are medicinal plants, learning
about their usages etc. I’ve met so many new and known plants there.

In the phytomedicine class, leaning making and taking many types of
internal and external herbal medicine (it was very fun!), the Humoral Theory, flower remedy, etc. I still look at the handouts to learn of
them.

Alongside of these academic classes, the course provided a practical-
oriented education too. There is a small natural remedies clinic in the
Uni and all herbal students had to take clients there. 
We were at
1st year, observed how senior students take clients, how to choose
herbs, learn clinical skills etc. I didn't notice well at the time but once I started taking clients I realised how hard to do by 5 or 6 people
included a tutor watching! Well, will write this about more next time!

The course also provided a personal and professional development
classes for 3 years. It was pretty hard for me as I had to discuss at
least once during each classes but I realised how much I have changed
myself.

OK, it is going to be a bit long to me now, Lol!
Will write about what the herbal medicine etc. I didn’t meant to make
this as a series but it will be!
Thanks for reading!

TBC

※ I left the university for few years and the situations have
changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s
information. If you want to know about the details please check to
relevant organisations.
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-01 12:20 | メディカルハーバリストへの道
"Wildflower" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |