カテゴリ:メディカルハーバリストへの道( 7 )
Top▲ |
イギリスでハーブ療法を学ぶ7/ Learning Herbal Medicine 7
こんにちは、Meeting Treesです。

前回から何とか早めにと言いつつもすっかり時間が経ってしまいました・・・
さて、今回は「イギリスでハーブ療法を学ぶ7」です。私が卒論で選んだテーマでもある四体液質論についての続きです。

古代ギリシャではエンペドクレスによって土、空気、火、水から世界はできていると考えられてきました。この考えに影響を受けた「医学の父」であったヒポクラテスは人間の体液は血液、粘液、黄色胆汁、黒色胆汁に分けこれらをエンペドクレスによって考えられた四元素に関連付け、この体液のバランスと病気を結びつけました。 ヒポクラテスは四季とこの四体液質を結びつけ、また人間だけではなく植物にもこのような性質があるとし、冷、温、乾、湿の四気質に分類し、その時に足りないものまたは過剰に取りすぎているものなどをハーブや食べ物によってバランスが取れると考えました。

西洋医学が入って来たり、科学的基礎に基づいたアプローチ方法で行われる傾向があることから徐々にこの体液質論を使うメディカルハーバリストが減ってきているのも事実ですが、本来ハーブ療法はホリスティック療法の一つでもあるのでその人全体をみるため、完全にこの4体液質論から離れてしまったわけではないのでしょうか。

卒論を進めるにあたり研究文献が少なくはあったのですが、これらや担当の先生や先輩のアドヴァイスを頼りにし大学の図書館はもちろんの事、国立図書館、医学の歴史に強い図書館に通い詰め資料を集めて文献調査に励みました。
当然このような文献からも学ぶことは多かったのですが、何にもまして勉強になったのが、やはりインタビューでした。一生かかっても学びきれるか分からないであろうこの体液質は私が最も学びたかった分野で今でも独学で学んでいます。生の現役ハーバリストの声を側で聞くことができ、彼らがどのように患者を体液質論を基本にしてアプローチしているのか、どのようにハーブを選ぶのか、本当に様々な方面から話してくれたインタビューテープは今でも私の宝物です。

e0267198_15243581.jpg


Hi there, it is Meeting Trees!
It’s been a long time to update this article since the day when I updated the previous series of 'Learning of Herbal Medicine 6’. Here is the latest one!

Empedocles who is a pre-Socratic Greek philosopher and is known as an founder of the cosmogenic theory of the four elements. Hippocrates who was one of the influential key people for the humoral theory and he noticed that when blood was removed from the body it consisted of black bile, yellow bile and phlegm. Imbalance or abnormal blending of these four humours and phlegm leads to dyscrasia that brings on illness. Hippocrates thought the four qualities (hot, cold, moist, dry) were associated with the humours and these qualities corresponded to the four elements too (Earth, Air, Fire, Water) . But he also claimed that a relationship existed between these humours and personality .
Imbalance of these humours leads to disease and thus Hippocrates focused on the
relationship between diseases / illness and these humours, qualities and elements. Hippocrates also found that herbs (plants) also have their qualities and therfore if there are any imblances of humour, plants can be able to balance out.

The humoral theory is not widely used among herbalists in the modern day as to why the western constitutional medicine was dominated by orthodox medicine and many herbalists started to concentrate on learning more about orthodx sciecne. However, herbal medicine is a holistic medicine and many herbalists may have had the knowledge of the theory.

I had advice from my tutors and seniors but this topic does not incite much interest amongst researchers, most of the reference matter had to be obtained from printed books rather than from research papers.
Most of printed books were gathered from the library of the university, the British museum, the Welcome library etc.

I learned a lot about this humoral theory from these literature researches but most useful information was given by interviewing to experienced herbal practitioners. I always appreciate that they kindly shared their knowledge with me.
I'm always fascinated with learning this area even which is hard to complete to learn and therefore these interview tape are very treasure to me.
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-10-02 15:26 | メディカルハーバリストへの道
イギリスでハーブ療法を学ぶ6/ Learning Herbal Medicine in England 6
こんにちは、Meeting Treesです。
今年の夏はさほど暑くなく過ごしやすいかもしれない、と思ったも早くもその思いを撤回したのは8月に入ってから。本当に暑いですね。夏バテ、夏風邪など引かれていませんか?
かくいう私もここ数日久々の熱が出てフラフラしておりましたが、とにかく様々なハーブを取ったお陰で大分楽になってきました。みなさま、くれぐれもお体ご自愛下さいませ。

さて、随分と放ったらかしにしておりました「イギリスでハーブ療法を学ぶ」シリーズのいよいよ6話目です。

大学を卒業するにあたり必須だった卒業論文提出。卒論に充てる期間が本当に短く7ヶ月程度だったと記憶していますが、その期間内に卒論提案書を出し、それが通って初めて進めらるので、実際に卒論にかけられる時間は半年弱。学年が3年に上がった途端にその提案書を作成し提出するのですがその間も当然試験、卒論以外の論文などにも追われていたので本当にバタバタの日々を過ごしたのを覚えています。

私はインタビューと文献によるリサーチを元にした卒論だったのでまずはインタビューの対象になるハーバリスト探しに早くも四苦八苦。というのも体液質説論または四体液質を(Humoral Theory)をベースにハーブ療法を行なっているハーバリストを対象に彼らがどのようにこの体液質説を基本として患者を診て、どのようにハーブを選ぶのか、が私の卒論の内容でしたが、この四体液質をベースにハーブ療法を行なっているハーバリスト(ハーバリスト歴10年以上対象)がイギリスには少なかったのです。というのもこの四体液質論、アナクサゴラス、ヒポクラテス、ガレンから始まりニコラス・カルペパーといった偉大な医師、ハーバリストが引き継いできましたが、18世紀に西洋医学が入ってきたことと、四体液質論が緊急時の症状に対応できないことも理由に含め、学校などで教えなかった事からこのセオリーをもとににハーブ療法を行なっているハーバリストが少ないというわけなのです。

このような体液質論は他の自然療法、アーユルヴェーダ、中医学で現在も使われています。アーユルヴェーダで言えばピッタ、ヴァータ、カッパ、中医学で言えば陰陽五行説のように木、火、土、金、水などの要素が人にはあるとされますが、もしかしたらこれらを耳にしたこともある方も中にはいるのではないでしょうか?
このような体液質論は個人の性格、体質をによって体液質が異なり、それによって現れやすい症状なども異なるため、それに合わせたハーブ療法があるということなのです。

少し長くなりそうなので、続きは次回に・・・次回はあまり時間をあけずにアップしますね(^_^;)

注* 私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。
e0267198_1692910.jpg


Hi there, it’s Meeting Trees!
It’s been so muggy here I think quite many people might suffer from summer heat (well, people who particularly in Japan!) and a summer cold? Hope all is well with you all!

Long time no see...well, finally back to the story ‘Learning Herbal Medicine in England 6’!
Here it is!

To graduate universities, dissertation will be required to submit.
I remember that a preparation time for it was very short, like less than 7 months.
Soon after I got the third year, had to submit a proposal for dissertation also had to submit many other staff at the same time so it was very hectic time and felt not so much time for contributing this dissertation.

I choose a style of my dissertation were literature review and interview. However, it was very difficult to find herbalists who knows and uses a humoral theory into their practice and who’s preferably practiced more than 10 years in UK.
This humoral theory started to back to Anaxagoras, Hippocrates, Galen, Nicholas Culpepper were contributed to learn a holistic approach and developed their own theories. However, once the orthodox medicine appeared in, many of herbalists were not taught this theory formally and the theory is not suitable for acute situations, thus the humoral theory was taken away.

These theory are also used in other natural remedies in their own ways e.g. Ayurveda, Traditional Chinese Medicine (TCM). Some may know if you hear these three elements; Vata, Pitta, Kapha, In Ayurveda, or five elements; wood, fire, earth, metal, water in TCM.

The humoral theory, four elements are used in Western herbal medicine is excessive or deficiency of each body fluids that influences to their temperaments and health. So assessing people with the humoral system is a useful approach in herbal medicine.

It’ll be longer so I’ll write this continued story next time. Hopefully it won’t take so long!

※ I left the university for few years and the situations have changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s information. If you want to know about the details please check to relevant organisations.

TBC
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-08-24 16:16 | メディカルハーバリストへの道
イギリスでハーブ療法を学ぶ 5/ Leaning Herbal Medicine in England 5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。
おまたせしました(笑)、今日は「イギリスでハーブ医療を学ぶ」の続きになります。

辛く、厳しかった二年目を終了し、いよいよ三年目に突入です。
余談ですが、大学に入る前はイギリスの大学の夏休みは長いからこの時期を利用してホリデーを思いっきり満喫しよう!と思っていましたが、休み中も大学付属の自然療法クリニックでの研修や課題が課せられていたり、また仮に試験を落としていれば夏休み中に再試験が行われたりとやること満載でその思いは早々に崩れ去り(笑)実際の休みは1ヶ月半程度。思いっきり羽を伸ばすことは出来ず結局ちょろっとどこかに行って新学年を迎えたように記憶しています。

さて、そのような休みを終え、ようやく最終学年です。最終学年とあってこの年は本当にやる事が多くて大変でしたが、どういうわけか二年目のトラウマがあったのか私にとっては三年目の方が比較的楽でした(とは言っても泣きながら課題をこなすのは変わりませんでしたが(苦笑))。
三年目は卒論、クリニックでの最終試験の他、普段行われる試験や論文の提出にクリニック研修と本当に盛り沢山!それも約半年間に詰め込まれます。一、二年の時もそうでしたが、私が通っていた時は一学年一年間とは言うものの授業自体は実質6ヶ月間で終了します(注*:今はもう少し短いかもしれません)。よって全てをその半年の間で学ばなければならないので本当に相当量の勉強が必須になってくるため日々課題提出、試験に追われていました。
3年目の授業はハーブ療法のマテリア・メディカと治療学、ハーブ療法の診察の技術や知識*、病理学(体系システム別)、卒業後開業するにあたってのビジネス知識、などを学びます。

その中でも一番力を入れて勉強したのが、ハーブ療法のマテリア・メディカと治療学。マテリア・メディカとは本草という意味でもあり、ハーブ療法で使う各ハーブの成分、性質、効能、現在、伝統的な使われ方、禁忌、製剤、薬との相互作用、用量(適量)などを中心に学んでいきます。それと同時に治療学では実際にクリニックで診た患者さんをケースに取りながら、なぜこのような症状が現れたのか、それに対応できるハーブは何か、またなぜそのハーブが選ばれたのかなどをディスカッションなども含めて学んでいきます。症状だけに焦点を当てるのではなくその人全体を見てどのハーブが適切なのか、またハーブだけではなく食生活、日常生活で改善できるところがあれば一緒に行なっていきます。実際にそこに患者さんがあっての勉強であったので悩み迷いながらケースを進めていった覚えがあります。

3年間はあっという間に過ぎましたが本当に学ぶことが多かったため、ちゃんと学べてたのか、また学び足りない不安感が常につきまとい、「このような状態で卒業してしまって大丈夫なんだろうか」など様々な思いで卒業した事を今も昨日のことのように思い出します。大学で勉強する時間は限られていましたが、本当に日々学ぶことが多いと実感しています。大学の時までとは言えませんが(苦笑)ブラッシュアップさせていくことが必須である分野だと日々実感しています。

続く

*イギリスでは日本と法律が異なり医師免許、薬剤師免許がなくとも英国メディカルハーブ協会で認められた学校を卒業し、資格があればメディカルハーバリストのとして仕事に就くことが出来ます。

注* 私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。
e0267198_13135547.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Treatment Info
Flower remedy counseling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)

Flower remedy counseling, Reflexology, Complementary therapy Course are on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Hi it is Meeting Trees!

Here we are, it is the continued story about ‘Leaning Herbal Medicine in England 5’!

What tough years but finally went to the final year!
By the way, I thought all uni students have a long long summer holiday so was really looking forward to it but once the degree course started, it was totally wrong and I had a short holiday, like a month only! As we still had loads of assignments, clinical training, and resit if you don’t pass in the first place so I just went to a short trips in or out of England.

Finishing with the final summer holiday and starting the final year.
We had lots of things to go through during this year but I felt slightly better than having the second year well, having said that, I was very struggled with all assignments etc though!
It is the final year so of course we also had to do a dissertation, clinical final exam, and of course many essays, exams were included. And each year has about 6 months - even it says “year” but it is not exactly the word tells us so, studying at the uni was 6 months only. So which means we had to learnt everything with in a half year that is why there were so many assignments (like handing in essays and having tests or exams almost every week!).

At the final year, herbal medicine materia medica, herbal medicine therapeutics, system pathology, starting own business etc were learned.

Herbal medicine materia medica is learning herbs which included constituents and actions, histories, traditional and modern usages, contraindications and safeties, dosages, drug interactions etc. And how to choose a suitable herbs, why these herbs are choosen, reasons of symptoms etc were learned by taking patients at the polyclinic and any other cases. Herbal medicine is a holistic medicine so herbalists not only treat the symptoms but also treat the whole individual.
They are fascinating subjects but there were true patients there so I was very nervous and always worried about taking any cases.

This degree course finished as quick as a wink but there were a lot of things to learn so I was very anxious to graduate as I haven’t leant enough. I still feel it was a quite short term to learn everything about herbal medicine at university but this subject is required to continue studying so I still learn day by day.

* you can practice herbal medicine in UK, if you are qualified medical herbalist on the other hand, we cannot in Japan due to a different Medicines act between UK and Japan.

※ I left the university for few years and the situations have changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s information. If you want to know about the details please check to relevant organisations.

TBC
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-15 13:16 | メディカルハーバリストへの道
イギリスでハーブ療法を学ぶ 4/ Leaning Herbal Medicine in England 4
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。ここ最近本当に天気が不安定ですね。お出かけの際はくれぐれもお気をつけ下さいませ。

さて、前回のブログから少し間が空いてしまいましたが、今日は勝手にシリーズ化している(笑)「イギリスでハーブ療法を学ぶ」の続編です。

1年次は課題も試験もさほど詰まって行われていなかった事もあり(とは言えかなり苦しんでいましたが!)1年目は今思うと比較的自分自身にも余裕が生まれ始め、ロンドンでの生活にも「楽しむ」事を覚えてきたように思えましたが、学年が変わった途端に状況が一変しました(涙)。

2年目は病態生理学、薬理学、病理学などといった学科やまた一年時にも学んだ自己啓発のような授業も引き続き行われました。
本当に今思ってもこの学年が一番厳しく論文提出や試験が毎週のように行われ、泣きながら勉強したのを覚えてます・・・本当にしんどかった(笑)

さて、ハーブ療法を学ぶにあたって体の仕組みを知ることは必須です。
二年目から本格的にクリニック研修が始まり、実際に患者さんをとり始めます。ハーブ療法の診察*では現在の症状を詳しく聞き、その後は過去の病歴、薬の服用の有無、食生活、日常生活をどのように送っているのか、そして直接現在の症状と関わりのないように思える症状とは関連のない他の体の組織についても一つ一つ質問していくようにじっくりと時間を掛けて進めていきます。その際に必要であれば触診も一緒に行われます。

このような事からハーブだけに詳しくても体の仕組みが分からないと適したハーブを処方*することが出来ない事から3年間様々な学科を学ぶのはその理由です。
そしてハーブ療法はホリスティック療法とも呼ばれる所以は体に現れている症状を緩和させるだけではなくその人全体をみます。
なぜその症状が出たのかと理由や原因は何かと探り、症状だけを抑えるだけではなく、原因が分かればそれに適したハーブや必要とされるアドバイスも一緒に行います。よって渡されるハーブの中には症状に合ったハーブの他にも気になるエリアへのサポートハーブなども含まれるた様々な用途にあったハーブが含まれることが多いですね。


今回は少し短いですがまた次回に続きを書きますね。本日も読んで下さってありがとうございます(^_^)

*イギリスでは日本と法律が異なり医師免許、薬剤師免許がなくともメディカルハーバリストとして仕事に就くことが出来ます。

※私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。
続く
e0267198_953185.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Treatment Info
Flower remedy counseling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)

Flower remedy counseling, is on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Hi it is Meeting Trees!
It's been a very funny weather lately. Be extra care when you are out and have a lovely day!

It's been for a while since I updated this blog last time and the previous story about ‘Learning herbal medicine in England’....but here it is!

At the year 1, we didn't have so many assignments and exams etc so I could enjoy the courses and my private life in London - well, having said that I suffered a lot though!

Since the second year started, things have a lot to changed. All modules were very academic and got so much difficult and we constantly had assignments and exams almost every week.
We learnt about pathophysiology, pathology, pharmacology etc. plus the personal and professional development class too.
I would say it was the tough and worst (!) year to me and I always cried to study!

Anyway, learning these kind of subjects are essential to learn herbal medicine.
We started to take clients since the second year. During a herbal consultation*, it'll be asked present complaints, past medical history, medication (past and present), family history, life style, diet etc. Also each body systems will be asked carefully even though it seems not relevant to the present complaints directly. If necessary, a clinical examination will also be conducted.

This is why we need to study these kind of modules. If we don't understand what is going on the body, it is impossible to give appropriate herbal remedies.
Also herbal practitioners examine a patient from a thorough physical and psycho-emotional perspective, to be able to deliver a truly holistic treatment. Thus we not only treat the symptoms but also treat the whole individual.
Therefore, it'll be given not only herbs for the present complaints but also herbs for parts which might be possible courses of the symptoms.


A bit shorter story this time...hope the continued story will come up shortly! Thanks for reading!

* you can practice herbal medicine in UK, if you are qualified medical herbalist on the other hand, we cannot in Japan due to a different Medicines act between UK and Japan.

※ I left the university for few years and the situations have changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s information. If you want to know about the details please check to relevant organisations.

TBC
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-08 11:19 | メディカルハーバリストへの道
イギリスでハーブ療法を学ぶ3/ Leaning Herbal Medicine in England 3
::::::::::::::::::::::::::::::::::
G.W中の営業日のお知らせ
Meeting TreesはGW中も4月29日(日)、5月3(木),4(金),6(日)
be-Wood自由が丘フラワーレメディカウンセリング英国式リフレクソロジーコンプリメンタリーセラピーコースをまた5月5日(土)北参道フラワーレメディカウンセリングを行なっています。
お休み中にココロもカラダもリセットされたい方、Meeting Treesオリジナルのハーブティーを用意してお待ちしております♪

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。
せっかくの連休、雨で始まってしまいましたね。外出される方足元には気を付けて、また今日は家でのんびりという方は日頃の疲れを取って下さいね。

さて、少し間が空いてしまいましたが、「イギリスでハーブ療法を学ぶ」の続きです。

何とか(!)無事に理系の付属準備コースを終えることが出来、ハーブ療法の学位コースへ進むことになりました。講義と臨床研修含めた3年間のコース。今と多少カリキュラムが違うとは思いますが、当時は1年目に解剖生理学、植物学、生化学、植物科学、植物療法学、栄養学、ハーブ療法以外の自然療法について、など幅広く学びます。
どの教科も興味深く学び甲斐のある教科ばかりでしたが、特に植物学の課外授業や植物療法学の授業が何よりも楽しくワクワクしながら授業を受けていたことを思い出します。

植物学の課外授業は大学近くの公園やロンドン市内にある植物園に行って植物の識別方法を学んだり、メディカルハーブとして使われるものに関しては使い方、効能なども一緒に学びました。ここで日本では見られない植物と出会ったり、また日本でも見たことはあったが名前を知らなかったものなど様々な植物との出会いがありました。
また植物療法学は内用、外用含めた各ハーブ製剤の作り方、体液質論、フラワーレメディなどと様々な事を学び、この時学んだ事は卒業してから必要に感じる事も多く暇さえあればその時のテキストを眺めています。またこの時は英語力もまだまだでしたので、復習も含め空いている時間を利用して授業を担当していた恩師にお願いし、3年次にもお手伝いを兼ねながら1年生と混じって参加させてもらったくらい思い入れのある授業の一つです。

これらの授業と共に大学付属の小さな自然療法クリニックでの研修も始まりました。ハーブ療法の診察の流れを見学するのが目的で、毎週先輩達が先生や私達1年生含め診療室に最低でも5,6人いる中、患者を診察するのを見学します。診察方法、患者とのコミュニケーションの取り方、ハーブの選び方、触診の仕方などをひたすら見学しました。まだまだ見学だから〜余裕で見学しているのも束の間、あっという間に自分が患者さんを診ることになるのです(苦笑)その事については次回お話ししますね。

また上記の授業の他に3年間通して自己啓発などの授業もあり自己を見つめる事を通し、どのように患者と向かい合っていくかなどを学びます。必ず発言しなければならなかったこの時間のディスカッションが何よりも苦痛でしたが、この授業を通し自分自身が随分と変わったような気がします。

さて、次回は2年次に授業についてとハーブ療法とはをもう少し詳しくお話していきたいと思います。予定ではなかったのですが何だか長いシリーズになってしまいましたね(苦笑)
本日も読んで下さってありがとうございました。

※私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。

                           続く
e0267198_14313587.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
During Golden Week
@ be-Wood Jiyugaoka: Sun 29 April, Thu 3 May, Fri 4 May,
Sun 6 May

@Kitasando (Fukutoshin Line) : Sat 5 May
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Treatment Info

Flower remedy counseling on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)
Flower remedy counselingis
on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

::::::::::::::::::::::::::::::::::
Hi there, it is Meeting Trees!
This is the second half of GW but unfortunately it is not a great
weather at all. If you go out, watch your step and if you are stay in,
chill out at home!

Here is a continued story of the previous one ‘Learning Herbal
Medicine in England’.

Well, finally I completed the science foundation course and started
with the herbal medicine course. This is a 3 years degree course and
anatomy, physiology, biochemistry, Phytochemistry, botany,
phytomedicine, dietary therapy, perspectives in
complementary medicine etc, were provided at the 1st year (*I think
the syllabus has changed since I had.)
All syllabus were interesting to learn but I particularly loved botany
and phytomedicine classes.
We often went to the nearest parks, some botanic gardens in London
to learn identifications of plants, if they are medicinal plants, learning
about their usages etc. I’ve met so many new and known plants there.

In the phytomedicine class, leaning making and taking many types of
internal and external herbal medicine (it was very fun!), the Humoral Theory, flower remedy, etc. I still look at the handouts to learn of
them.

Alongside of these academic classes, the course provided a practical-
oriented education too. There is a small natural remedies clinic in the
Uni and all herbal students had to take clients there. 
We were at
1st year, observed how senior students take clients, how to choose
herbs, learn clinical skills etc. I didn't notice well at the time but once I started taking clients I realised how hard to do by 5 or 6 people
included a tutor watching! Well, will write this about more next time!

The course also provided a personal and professional development
classes for 3 years. It was pretty hard for me as I had to discuss at
least once during each classes but I realised how much I have changed
myself.

OK, it is going to be a bit long to me now, Lol!
Will write about what the herbal medicine etc. I didn’t meant to make
this as a series but it will be!
Thanks for reading!

TBC

※ I left the university for few years and the situations have
changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s
information. If you want to know about the details please check to
relevant organisations.
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-01 12:20 | メディカルハーバリストへの道
イギリスでハーブ療法を学ぶ2/ Leaning Herbal Medicine in England 2
こんにちは、Meeting Treesです。

桜を楽しめるのもあとわずかですが、これから様々な植物が顔を出す季節になって来ました。今年もどんな植物たちと顔を合わせることが出来るのか楽しみです♪

さて、Meeting TreesはGW中もbe-Wood自由が丘(フラワーレメディカウンセリング、英国式リフレクソロジー、コンプリメンタリーセラピーコース)また北参道(フラワーレメディカウンセリング)でのトリートメントを行なっています。
お休み中にココロもカラダもリセットされたい方、お待ちしております♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、前回の続きです。
理系のバックグラウンドが全くなかった私は理系の準備コースに通いそのコースをパスできたらハーブ療法の学位コースへ進むこと出来るという条件付きの合格が認められました。
このコースは1年間で主に生物、科学、物理、数学などの他に、学位コースに進むに辺り必須になってくる論文の書き方やプレゼンテーションの進め方を学びます。当時、日常会話程度の英語は出来ていましたが、授業にはついていくのが本当に大変でした。まずノートもまともに取れない、そしてディスカッションの多い授業に戸惑い、グループでの話し合いにも無口になってしまうことも多々あり。

準備コースに来ていた生徒は年齢もバックグラウンドも様々でこれから進もうとするコースも異なり、私と同じハーブ療法学科に進もうとしていた生徒はクラスに40人いた内の4人ほど。ほとんどがイギリス人かヨーロッパから来ている生徒たちばかりでしたので皆当然英語には問題なく楽しそうに学生生活を始めているのを横目で見ながら(笑)ジタバタともがいていたのを今でも覚えてます。

大学を決める前にすでにイギリスで活躍されていたハーバリストとしての先輩に「大学に入る前にやっておくべきことは何か?」と聞いた所「何よりも英語力が必須」と。この時は特別に何も思わなかったのですが、授業が始まって強く実感。少し英語が話せるだけではとてもではないけれども授業についていけない。とにかく時間があっても足りず、課せられた課題の参考文献を読むにも辞書を引きながらになるのでとにかく時間が掛かる。 授業以外にも課題や試験がかなり課せられていたため、家では課題の提出準備に加え、授業でついていけないため当然復習する時間で一日が本当にあっと言う間に過ぎていったのを覚えています。課題に課せられている本も読むのにも辞書片手に悪戦苦闘。当然のようにそれをただ「読む」のではなく「理解」しないと論文も書けないため、何をするにもとにかく時間が掛りました。でもこれは大学が終わるまで続いたような(^_^;) また大学を決める前に「大学に行ってメディカルハーバリストになるんだ!」と安易に決めた自分を何度となく恨めしく思ったことか(-_-)


※私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。

                           続く
e0267198_2172016.jpg

Hi there, it’s Meeting Trees!

Finally Spring has come and look forward to seeing many different types of plants from now on!

Meeting Trees offers all treatments during the Golden Week too.

Flower remedy counselling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Fukutoshin Line)
Flower remedy counselling is
on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

::::::::::::::::::::::::::::::::::

Here is a continued story of the previous one ‘Learning Herbal
Medicine in England’.

I haven’t got any science background before I went to the uni
therefore, I had a conditional offer that I can join the degree
course if I pass a science foundation course.

This 1 year full time course provided us biology, chemistry,
physic, math etc and also covers academic writing,
communication and study skills, etc.
We had almost 40 people in the class and all of us had different
backgrounds - age, nationalities, experiences, etc. However, most people were English or people who were from EU so they didn't
have any problems with English and it seemed like they enjoyed
the course.

I could speak English for having communications with others but it was not enough at all! I couldn’t take notes properly, I was weak
on discussions during the courses etc.

Before I went to the Uni, my fellow herbalist told me that having a English skill is the most important otherwise it is very difficult to
take any classes.
I didn't take attention much about it a lot but once the course had started I realised and wondered myself why I decided to come to England for studying herbal medicine and not in Japan with my
own language!
I always crunched time for preparing to write essays, other course works, revising each modules etc. Particularly writing essays were nightmare as I’d never ever wrote academic writing before so it
was very hard. Also took me for a long time to read and
understand relevant books so I always needed twice or more than twice time compare to others.
So I could hardly enjoy myself during the course.
However, I thought it would be ended if I finish the course but it
was only beginning and it happened whole my university life...
(~_~;)

to be continued...

※ I left the university for few years and the situations have
changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s
information. If you want to know about the details please check to
relevant organisations.
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-05-17 10:21 | メディカルハーバリストへの道
イギリスでハーブ療法を学ぶ1/ Leaning Herbal Medicine in England 1
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。今日は肌寒いですね。気温も一昨日に比べると大分下がっているみたいだし。今日、明日とお花見に行かれる方も多いのではないでしょうか。暖かくしておでかけ下さいませ(^^)

さて今日は、「イギリスでハーブ療法を学ぶ」について書いてみたいと思います。
ハーブを学びたいと決めた時、「どこで?国内?海外?」、「どの程度学びたいのか?」と様々な思いが交差すると思います。

私もそうでした。国内でなく、なぜイギリスで学ぼうとし、どのようにハーブ療法を学んできたのかなど今回から数回にわたってその時の体験談を書いていきたいと思います。

イギリスには数年間住んでいた事もありその後も行ったり来たりを繰り返し、次に行くときは必ず手に職になるような何かを学びたいと思っていました。
もともとハーブには興味はあり、もっと深く学びたいと思っていたので勉強するならハーブ療法をと考え、様々な学校を調べました。
学校も様々で大学レベルから1日コースまで、また通学なのか通信教育なのか。またイギリスではメディカルハーバリストになるには英国メディカルハーブ協会が認めた学校(主に大学)を卒業しなければなりません。
イギリスに滞在するには何よりヴィザが必要です。学生ヴィザになると通信教育は選択肢から外され、「ハーブ療法を学ぶなら大学!メディカルハーバリストを目指そう!」と安易に決めていたので(苦笑)この段階で大分選択肢が狭まりました。

ハーブ療法科がある大学は少なくその当時(2000年頭)でイギリス(スコットランドも含め)6,7校だったと記憶しています。現在はもっと少なくなってきていると思います。
私の場合、大学の内容より先に場所を決めてから大学を決めたのでこの段階で大分選択肢が絞られました。直接大学に見学に行く時間も余裕も無かったので、国内で行われていた留学フェアなるものに行き、各大学の関係者に詳細を聞いて周り、各大学から出している募集要項を読んでから授業のカリキュラムを比較しながら最終的にロンドンにあるウエストミンスター大学
(University of Westminster)
に決めました。(リンクを貼ろうと久々に見た我が母校のサイト。すごいですね、ロンドンっぽい!(笑)確かに大学自体もロンドンのど真ん中にあるのですが、通っている時はまったく自覚がなく(^_^;))

※私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。

                                                                続く
e0267198_12392852.jpg


Hi there, it's been back to a cold weather again...I think quite a
few people are going to a cherry blossom viewing this weekend?
Keep warm and enjoy yourself!

I'd love to write about learning Herbal Medicine in UK today and
it'll be continued the stories to another time.

If you want to study herbal remedies, where do I want to study
about herbs, what levels on about? etc
Before I decided to go to a university in England I was wondering where I start with.
I'll start writing about my experiences from now on.

I used to live in UK for few years and came and went for some
years since then. Once I go there again, I wanted to learn
something what I can work with, that was herbal medicine
academically.
If I wanted to be a medical herbalist in UK, going to uni or
colleges that accredited by The National Institute Medical
Herbalists
are required and staying UK, visa is also required so
not so many choices were left.

There were not so many universities have herbal medicine
courses, I think it was around 6 or 7 in UK and getting fewer now.
I decided to go to Uni Westminster in London by being attend to a open day for some universities and colleges in Japan and went
over their brochures to compare their syllabuses.

to be continued...
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-04-06 12:55 | メディカルハーバリストへの道
"Wildflower" Skin
by Animal Skin
| ページトップ |