イギリスでハーブ療法を学ぶ 5/ Leaning Herbal Medicine in England 5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。
おまたせしました(笑)、今日は「イギリスでハーブ医療を学ぶ」の続きになります。

辛く、厳しかった二年目を終了し、いよいよ三年目に突入です。
余談ですが、大学に入る前はイギリスの大学の夏休みは長いからこの時期を利用してホリデーを思いっきり満喫しよう!と思っていましたが、休み中も大学付属の自然療法クリニックでの研修や課題が課せられていたり、また仮に試験を落としていれば夏休み中に再試験が行われたりとやること満載でその思いは早々に崩れ去り(笑)実際の休みは1ヶ月半程度。思いっきり羽を伸ばすことは出来ず結局ちょろっとどこかに行って新学年を迎えたように記憶しています。

さて、そのような休みを終え、ようやく最終学年です。最終学年とあってこの年は本当にやる事が多くて大変でしたが、どういうわけか二年目のトラウマがあったのか私にとっては三年目の方が比較的楽でした(とは言っても泣きながら課題をこなすのは変わりませんでしたが(苦笑))。
三年目は卒論、クリニックでの最終試験の他、普段行われる試験や論文の提出にクリニック研修と本当に盛り沢山!それも約半年間に詰め込まれます。一、二年の時もそうでしたが、私が通っていた時は一学年一年間とは言うものの授業自体は実質6ヶ月間で終了します(注*:今はもう少し短いかもしれません)。よって全てをその半年の間で学ばなければならないので本当に相当量の勉強が必須になってくるため日々課題提出、試験に追われていました。
3年目の授業はハーブ療法のマテリア・メディカと治療学、ハーブ療法の診察の技術や知識*、病理学(体系システム別)、卒業後開業するにあたってのビジネス知識、などを学びます。

その中でも一番力を入れて勉強したのが、ハーブ療法のマテリア・メディカと治療学。マテリア・メディカとは本草という意味でもあり、ハーブ療法で使う各ハーブの成分、性質、効能、現在、伝統的な使われ方、禁忌、製剤、薬との相互作用、用量(適量)などを中心に学んでいきます。それと同時に治療学では実際にクリニックで診た患者さんをケースに取りながら、なぜこのような症状が現れたのか、それに対応できるハーブは何か、またなぜそのハーブが選ばれたのかなどをディスカッションなども含めて学んでいきます。症状だけに焦点を当てるのではなくその人全体を見てどのハーブが適切なのか、またハーブだけではなく食生活、日常生活で改善できるところがあれば一緒に行なっていきます。実際にそこに患者さんがあっての勉強であったので悩み迷いながらケースを進めていった覚えがあります。

3年間はあっという間に過ぎましたが本当に学ぶことが多かったため、ちゃんと学べてたのか、また学び足りない不安感が常につきまとい、「このような状態で卒業してしまって大丈夫なんだろうか」など様々な思いで卒業した事を今も昨日のことのように思い出します。大学で勉強する時間は限られていましたが、本当に日々学ぶことが多いと実感しています。大学の時までとは言えませんが(苦笑)ブラッシュアップさせていくことが必須である分野だと日々実感しています。

続く

*イギリスでは日本と法律が異なり医師免許、薬剤師免許がなくとも英国メディカルハーブ協会で認められた学校を卒業し、資格があればメディカルハーバリストのとして仕事に就くことが出来ます。

注* 私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。
e0267198_13135547.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Treatment Info
Flower remedy counseling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)

Flower remedy counseling, Reflexology, Complementary therapy Course are on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Hi it is Meeting Trees!

Here we are, it is the continued story about ‘Leaning Herbal Medicine in England 5’!

What tough years but finally went to the final year!
By the way, I thought all uni students have a long long summer holiday so was really looking forward to it but once the degree course started, it was totally wrong and I had a short holiday, like a month only! As we still had loads of assignments, clinical training, and resit if you don’t pass in the first place so I just went to a short trips in or out of England.

Finishing with the final summer holiday and starting the final year.
We had lots of things to go through during this year but I felt slightly better than having the second year well, having said that, I was very struggled with all assignments etc though!
It is the final year so of course we also had to do a dissertation, clinical final exam, and of course many essays, exams were included. And each year has about 6 months - even it says “year” but it is not exactly the word tells us so, studying at the uni was 6 months only. So which means we had to learnt everything with in a half year that is why there were so many assignments (like handing in essays and having tests or exams almost every week!).

At the final year, herbal medicine materia medica, herbal medicine therapeutics, system pathology, starting own business etc were learned.

Herbal medicine materia medica is learning herbs which included constituents and actions, histories, traditional and modern usages, contraindications and safeties, dosages, drug interactions etc. And how to choose a suitable herbs, why these herbs are choosen, reasons of symptoms etc were learned by taking patients at the polyclinic and any other cases. Herbal medicine is a holistic medicine so herbalists not only treat the symptoms but also treat the whole individual.
They are fascinating subjects but there were true patients there so I was very nervous and always worried about taking any cases.

This degree course finished as quick as a wink but there were a lot of things to learn so I was very anxious to graduate as I haven’t leant enough. I still feel it was a quite short term to learn everything about herbal medicine at university but this subject is required to continue studying so I still learn day by day.

* you can practice herbal medicine in UK, if you are qualified medical herbalist on the other hand, we cannot in Japan due to a different Medicines act between UK and Japan.

※ I left the university for few years and the situations have changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s information. If you want to know about the details please check to relevant organisations.

TBC
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-15 13:16 | メディカルハーバリストへの道
"Wildflower" Skin
by Animal Skin
<< フラワーレメディコラボレーショ... | ページトップ | イギリスでハーブ療法を学ぶ 4... >>