オススメのフラワーレメディ本/My Favourite Flower Remedy Books
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
こんにちは、Meeting Treesです。

すっかり「本」のカテゴリーを作っていたのにその存在を忘れていました(苦笑)
と言う事で、今日はオススメの本のご紹介です!(「イギリスでハーブ療法を学ぶ」の続編をお待ちの方(いらっしゃるかどうかは疑問ですが!)もうしばらくお待ち下さいませ)。

さて、何の本にしようかな〜と本棚を見ていたのですが、私の本棚は見事にハーブ、フラワーレメディ、他自然療法または関連本のみで他のジャンルの本が無いといってもいいくらいなのです。昔は全く本は読まなかったのに不思議なものです。

最近はじっくりとこれらの本を読むというよりどちらかというと講座のテキストを作る際に参照したりする事が多いのですが、その中で最近改めて読み直した本がジュリアン・バーナード著「エドワード・バッチ著作集(Collected Writings of Edward Bach)」とノラ・ウィークス著「心を癒す花の療法(The Medical Discovery of Edward Bach)」。

エドワード・バッチ博士(1886−1936)はこの世にフラワーレメディをこの世に送り出した医師でもあり細菌学者でもあった自然療法士の一人でもあります。
本当に何度読んでも新鮮で感銘を受けるばかり。彼の人生全てを注ぎ作られたと言っても過言ではないフラワーレメディ、彼でなければ作れなかったんだろうな。またそのレメディを使ってライフワークとしている私はその彼の存在にただただ感謝するばかりです。
今では植物を始めさまざまな物質を使い世界中でたくさんのエッセンスが作られています。彼がフラワーレメディを作らなければこのような様々なエッセンスも世に生まれなかったことでしょう。

上記の本以外に彼自身が書いた「汝自身を癒やせ(Heal Thyself)」やこれまたジュリアン・バーナード氏著「Bach Flower Remedies - Form & Function」の非常に奥が深くて読んでいてワクワクしますがオリジナルの本しか見つからずもしかしたら和訳本が出ていないかも知れません。
それでも和訳されたフラワーレメディに関する本はたくさん出ていますのでお好きな本を手にとってフラワーレメディを知っていただけたらいいなと思います。

今日はフラワーレメディの本についてのオススメでした(^-^)
e0267198_11166.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Treatment Info
Flower remedy counseling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)

Flower remedy counseling, is on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Hi it is Meeting Trees!

I totally forgot about a book section on this blog (even I made!) so I better to say something about this too!
(if you are waiting for the continued story about ‘Learning Herbal Medicine in England’ is coming up very soon! - well, not sure how many of you are waiting but I’m sorry! )

Well, I realised when I looked at my bookself and I've only got books about herbs, flower remedies, other relevant books! I hardly read books before so only I've got a few novels otherwise these books are taken up.

Few books I wanted to introduce you are about flower remedy today.
Even I read them once, but I'm always impressed by his work and moved what he's done.

Dr. Edward Bach (1886-1936) who was a physician, bacteriologist and developed flower remedies. He devoted himself into this amazing work and produce these vibrational essences that we still use today. How amazing is that!

We've got so many types of essences in the world today, such as flower, trees, orchid, crystals, etc. but they wouldn’t be existed if Dr. Bach didn't produce.

So I'll introduce some books about Dr. Bach as it may be interesting to read how he made these remedies that we still use as modern natural remedies.

・The Medical Discoveries of Edward Bach Physician by Nora Week
・Heal Thyself by Dr. Edward Bach
・Bach Flower Remedies - Form & Function by Julian Barnard
・Collected Writings of Edward Bach by Julian Barnard

Enjoy reading!
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-03 01:14 | 本/Books
"Wildflower" Skin
by Animal Skin
<< イギリスでハーブ療法を学ぶ 4... | ページトップ | イギリスでハーブ療法を学ぶ3/... >>