イギリスでハーブ療法を学ぶ 4/ Leaning Herbal Medicine in England 4
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。ここ最近本当に天気が不安定ですね。お出かけの際はくれぐれもお気をつけ下さいませ。

さて、前回のブログから少し間が空いてしまいましたが、今日は勝手にシリーズ化している(笑)「イギリスでハーブ療法を学ぶ」の続編です。

1年次は課題も試験もさほど詰まって行われていなかった事もあり(とは言えかなり苦しんでいましたが!)1年目は今思うと比較的自分自身にも余裕が生まれ始め、ロンドンでの生活にも「楽しむ」事を覚えてきたように思えましたが、学年が変わった途端に状況が一変しました(涙)。

2年目は病態生理学、薬理学、病理学などといった学科やまた一年時にも学んだ自己啓発のような授業も引き続き行われました。
本当に今思ってもこの学年が一番厳しく論文提出や試験が毎週のように行われ、泣きながら勉強したのを覚えてます・・・本当にしんどかった(笑)

さて、ハーブ療法を学ぶにあたって体の仕組みを知ることは必須です。
二年目から本格的にクリニック研修が始まり、実際に患者さんをとり始めます。ハーブ療法の診察*では現在の症状を詳しく聞き、その後は過去の病歴、薬の服用の有無、食生活、日常生活をどのように送っているのか、そして直接現在の症状と関わりのないように思える症状とは関連のない他の体の組織についても一つ一つ質問していくようにじっくりと時間を掛けて進めていきます。その際に必要であれば触診も一緒に行われます。

このような事からハーブだけに詳しくても体の仕組みが分からないと適したハーブを処方*することが出来ない事から3年間様々な学科を学ぶのはその理由です。
そしてハーブ療法はホリスティック療法とも呼ばれる所以は体に現れている症状を緩和させるだけではなくその人全体をみます。
なぜその症状が出たのかと理由や原因は何かと探り、症状だけを抑えるだけではなく、原因が分かればそれに適したハーブや必要とされるアドバイスも一緒に行います。よって渡されるハーブの中には症状に合ったハーブの他にも気になるエリアへのサポートハーブなども含まれるた様々な用途にあったハーブが含まれることが多いですね。


今回は少し短いですがまた次回に続きを書きますね。本日も読んで下さってありがとうございます(^_^)

*イギリスでは日本と法律が異なり医師免許、薬剤師免許がなくともメディカルハーバリストとして仕事に就くことが出来ます。

※私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。
続く
e0267198_953185.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Treatment Info
Flower remedy counseling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)

Flower remedy counseling, is on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Hi it is Meeting Trees!
It's been a very funny weather lately. Be extra care when you are out and have a lovely day!

It's been for a while since I updated this blog last time and the previous story about ‘Learning herbal medicine in England’....but here it is!

At the year 1, we didn't have so many assignments and exams etc so I could enjoy the courses and my private life in London - well, having said that I suffered a lot though!

Since the second year started, things have a lot to changed. All modules were very academic and got so much difficult and we constantly had assignments and exams almost every week.
We learnt about pathophysiology, pathology, pharmacology etc. plus the personal and professional development class too.
I would say it was the tough and worst (!) year to me and I always cried to study!

Anyway, learning these kind of subjects are essential to learn herbal medicine.
We started to take clients since the second year. During a herbal consultation*, it'll be asked present complaints, past medical history, medication (past and present), family history, life style, diet etc. Also each body systems will be asked carefully even though it seems not relevant to the present complaints directly. If necessary, a clinical examination will also be conducted.

This is why we need to study these kind of modules. If we don't understand what is going on the body, it is impossible to give appropriate herbal remedies.
Also herbal practitioners examine a patient from a thorough physical and psycho-emotional perspective, to be able to deliver a truly holistic treatment. Thus we not only treat the symptoms but also treat the whole individual.
Therefore, it'll be given not only herbs for the present complaints but also herbs for parts which might be possible courses of the symptoms.


A bit shorter story this time...hope the continued story will come up shortly! Thanks for reading!

* you can practice herbal medicine in UK, if you are qualified medical herbalist on the other hand, we cannot in Japan due to a different Medicines act between UK and Japan.

※ I left the university for few years and the situations have changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s information. If you want to know about the details please check to relevant organisations.

TBC
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-08 11:19 | メディカルハーバリストへの道
"Wildflower" Skin
by Animal Skin
<< イギリスでハーブ療法を学ぶ 5... | ページトップ | オススメのフラワーレメディ本/... >>