イギリスでハーブ療法を学ぶ3/ Leaning Herbal Medicine in England 3
::::::::::::::::::::::::::::::::::
G.W中の営業日のお知らせ
Meeting TreesはGW中も4月29日(日)、5月3(木),4(金),6(日)
be-Wood自由が丘フラワーレメディカウンセリング英国式リフレクソロジーコンプリメンタリーセラピーコースをまた5月5日(土)北参道フラワーレメディカウンセリングを行なっています。
お休み中にココロもカラダもリセットされたい方、Meeting Treesオリジナルのハーブティーを用意してお待ちしております♪

講座案内
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、Meeting Treesです。
せっかくの連休、雨で始まってしまいましたね。外出される方足元には気を付けて、また今日は家でのんびりという方は日頃の疲れを取って下さいね。

さて、少し間が空いてしまいましたが、「イギリスでハーブ療法を学ぶ」の続きです。

何とか(!)無事に理系の付属準備コースを終えることが出来、ハーブ療法の学位コースへ進むことになりました。講義と臨床研修含めた3年間のコース。今と多少カリキュラムが違うとは思いますが、当時は1年目に解剖生理学、植物学、生化学、植物科学、植物療法学、栄養学、ハーブ療法以外の自然療法について、など幅広く学びます。
どの教科も興味深く学び甲斐のある教科ばかりでしたが、特に植物学の課外授業や植物療法学の授業が何よりも楽しくワクワクしながら授業を受けていたことを思い出します。

植物学の課外授業は大学近くの公園やロンドン市内にある植物園に行って植物の識別方法を学んだり、メディカルハーブとして使われるものに関しては使い方、効能なども一緒に学びました。ここで日本では見られない植物と出会ったり、また日本でも見たことはあったが名前を知らなかったものなど様々な植物との出会いがありました。
また植物療法学は内用、外用含めた各ハーブ製剤の作り方、体液質論、フラワーレメディなどと様々な事を学び、この時学んだ事は卒業してから必要に感じる事も多く暇さえあればその時のテキストを眺めています。またこの時は英語力もまだまだでしたので、復習も含め空いている時間を利用して授業を担当していた恩師にお願いし、3年次にもお手伝いを兼ねながら1年生と混じって参加させてもらったくらい思い入れのある授業の一つです。

これらの授業と共に大学付属の小さな自然療法クリニックでの研修も始まりました。ハーブ療法の診察の流れを見学するのが目的で、毎週先輩達が先生や私達1年生含め診療室に最低でも5,6人いる中、患者を診察するのを見学します。診察方法、患者とのコミュニケーションの取り方、ハーブの選び方、触診の仕方などをひたすら見学しました。まだまだ見学だから〜余裕で見学しているのも束の間、あっという間に自分が患者さんを診ることになるのです(苦笑)その事については次回お話ししますね。

また上記の授業の他に3年間通して自己啓発などの授業もあり自己を見つめる事を通し、どのように患者と向かい合っていくかなどを学びます。必ず発言しなければならなかったこの時間のディスカッションが何よりも苦痛でしたが、この授業を通し自分自身が随分と変わったような気がします。

さて、次回は2年次に授業についてとハーブ療法とはをもう少し詳しくお話していきたいと思います。予定ではなかったのですが何だか長いシリーズになってしまいましたね(苦笑)
本日も読んで下さってありがとうございました。

※私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。

                           続く
e0267198_14313587.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
During Golden Week
@ be-Wood Jiyugaoka: Sun 29 April, Thu 3 May, Fri 4 May,
Sun 6 May

@Kitasando (Fukutoshin Line) : Sat 5 May
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Treatment Info

Flower remedy counseling on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Tokyo Metro Fukutoshin Line)
Flower remedy counselingis
on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

::::::::::::::::::::::::::::::::::
Hi there, it is Meeting Trees!
This is the second half of GW but unfortunately it is not a great
weather at all. If you go out, watch your step and if you are stay in,
chill out at home!

Here is a continued story of the previous one ‘Learning Herbal
Medicine in England’.

Well, finally I completed the science foundation course and started
with the herbal medicine course. This is a 3 years degree course and
anatomy, physiology, biochemistry, Phytochemistry, botany,
phytomedicine, dietary therapy, perspectives in
complementary medicine etc, were provided at the 1st year (*I think
the syllabus has changed since I had.)
All syllabus were interesting to learn but I particularly loved botany
and phytomedicine classes.
We often went to the nearest parks, some botanic gardens in London
to learn identifications of plants, if they are medicinal plants, learning
about their usages etc. I’ve met so many new and known plants there.

In the phytomedicine class, leaning making and taking many types of
internal and external herbal medicine (it was very fun!), the Humoral Theory, flower remedy, etc. I still look at the handouts to learn of
them.

Alongside of these academic classes, the course provided a practical-
oriented education too. There is a small natural remedies clinic in the
Uni and all herbal students had to take clients there. 
We were at
1st year, observed how senior students take clients, how to choose
herbs, learn clinical skills etc. I didn't notice well at the time but once I started taking clients I realised how hard to do by 5 or 6 people
included a tutor watching! Well, will write this about more next time!

The course also provided a personal and professional development
classes for 3 years. It was pretty hard for me as I had to discuss at
least once during each classes but I realised how much I have changed
myself.

OK, it is going to be a bit long to me now, Lol!
Will write about what the herbal medicine etc. I didn’t meant to make
this as a series but it will be!
Thanks for reading!

TBC

※ I left the university for few years and the situations have
changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s
information. If you want to know about the details please check to
relevant organisations.
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-06-01 12:20 | メディカルハーバリストへの道
"Wildflower" Skin
by Animal Skin
<< オススメのフラワーレメディ本/... | ページトップ | イギリスでハーブ療法を学ぶ2/... >>