イギリスでハーブ療法を学ぶ2/ Leaning Herbal Medicine in England 2
こんにちは、Meeting Treesです。

桜を楽しめるのもあとわずかですが、これから様々な植物が顔を出す季節になって来ました。今年もどんな植物たちと顔を合わせることが出来るのか楽しみです♪

さて、Meeting TreesはGW中もbe-Wood自由が丘(フラワーレメディカウンセリング、英国式リフレクソロジー、コンプリメンタリーセラピーコース)また北参道(フラワーレメディカウンセリング)でのトリートメントを行なっています。
お休み中にココロもカラダもリセットされたい方、お待ちしております♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::
be-Wood自由が丘での講座のお知らせはこちら
北参道での講座のお知らせはこちらをご覧くださいませ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、前回の続きです。
理系のバックグラウンドが全くなかった私は理系の準備コースに通いそのコースをパスできたらハーブ療法の学位コースへ進むこと出来るという条件付きの合格が認められました。
このコースは1年間で主に生物、科学、物理、数学などの他に、学位コースに進むに辺り必須になってくる論文の書き方やプレゼンテーションの進め方を学びます。当時、日常会話程度の英語は出来ていましたが、授業にはついていくのが本当に大変でした。まずノートもまともに取れない、そしてディスカッションの多い授業に戸惑い、グループでの話し合いにも無口になってしまうことも多々あり。

準備コースに来ていた生徒は年齢もバックグラウンドも様々でこれから進もうとするコースも異なり、私と同じハーブ療法学科に進もうとしていた生徒はクラスに40人いた内の4人ほど。ほとんどがイギリス人かヨーロッパから来ている生徒たちばかりでしたので皆当然英語には問題なく楽しそうに学生生活を始めているのを横目で見ながら(笑)ジタバタともがいていたのを今でも覚えてます。

大学を決める前にすでにイギリスで活躍されていたハーバリストとしての先輩に「大学に入る前にやっておくべきことは何か?」と聞いた所「何よりも英語力が必須」と。この時は特別に何も思わなかったのですが、授業が始まって強く実感。少し英語が話せるだけではとてもではないけれども授業についていけない。とにかく時間があっても足りず、課せられた課題の参考文献を読むにも辞書を引きながらになるのでとにかく時間が掛かる。 授業以外にも課題や試験がかなり課せられていたため、家では課題の提出準備に加え、授業でついていけないため当然復習する時間で一日が本当にあっと言う間に過ぎていったのを覚えています。課題に課せられている本も読むのにも辞書片手に悪戦苦闘。当然のようにそれをただ「読む」のではなく「理解」しないと論文も書けないため、何をするにもとにかく時間が掛りました。でもこれは大学が終わるまで続いたような(^_^;) また大学を決める前に「大学に行ってメディカルハーバリストになるんだ!」と安易に決めた自分を何度となく恨めしく思ったことか(-_-)


※私が大学を卒業してから数年が経過しています。その間にカリキュラムなど様々な事が変わっております。これは私の「体験談」で、今現在のイギリスにおいてのハーブ療法を学ぶ事に関しては書いてはおりません。詳しい事をお知りになりたい場合は関連機関に直接お問い合わせ下さいませ。

                           続く
e0267198_2172016.jpg

Hi there, it’s Meeting Trees!

Finally Spring has come and look forward to seeing many different types of plants from now on!

Meeting Trees offers all treatments during the Golden Week too.

Flower remedy counselling is on
1 & 3 Saturdays at Kitasando (Fukutoshin Line)
Flower remedy counselling is
on Fridays, 1 & 3 Sundays at be-Wood Jiyugaoka.

Give a call on 090 6119 4443 / info★meetingtrees-herbs.com
(please change a ★mark to @)

::::::::::::::::::::::::::::::::::

Here is a continued story of the previous one ‘Learning Herbal
Medicine in England’.

I haven’t got any science background before I went to the uni
therefore, I had a conditional offer that I can join the degree
course if I pass a science foundation course.

This 1 year full time course provided us biology, chemistry,
physic, math etc and also covers academic writing,
communication and study skills, etc.
We had almost 40 people in the class and all of us had different
backgrounds - age, nationalities, experiences, etc. However, most people were English or people who were from EU so they didn't
have any problems with English and it seemed like they enjoyed
the course.

I could speak English for having communications with others but it was not enough at all! I couldn’t take notes properly, I was weak
on discussions during the courses etc.

Before I went to the Uni, my fellow herbalist told me that having a English skill is the most important otherwise it is very difficult to
take any classes.
I didn't take attention much about it a lot but once the course had started I realised and wondered myself why I decided to come to England for studying herbal medicine and not in Japan with my
own language!
I always crunched time for preparing to write essays, other course works, revising each modules etc. Particularly writing essays were nightmare as I’d never ever wrote academic writing before so it
was very hard. Also took me for a long time to read and
understand relevant books so I always needed twice or more than twice time compare to others.
So I could hardly enjoy myself during the course.
However, I thought it would be ended if I finish the course but it
was only beginning and it happened whole my university life...
(~_~;)

to be continued...

※ I left the university for few years and the situations have
changed. I am writing about ‘my experiences’ and not today’s
information. If you want to know about the details please check to
relevant organisations.
[PR]
Top▲ | by meetingtrees | 2012-05-17 10:21 | メディカルハーバリストへの道
"Wildflower" Skin
by Animal Skin
<< イギリスでハーブ療法を学ぶ3/... | ページトップ | プランテーン / Plantain >>